飛行機の操縦士になるには?

飛行機の操縦士、パイロットは夢のような仕事かもしれませんが、この仕事にありつくためには資格を取得しなければなりません。個人で楽しむ程度ならば比較的簡単な自家用のライセンスもありますが、仕事としてパイロットになりたいと思ったら事業用のライセンスを取得する必要があり、こちらの資格試験は非常に難しいものになっています。

飛行機のパイロットになるまでの一般的なルートとしては、高校を卒業後、大学へと進学、大学を卒業した後に航空会社のパイロット養成コースへと進み、航空機を操縦するために必要な国家試験を突破するというコースがまず1つめになります。2つめは高校卒業後、短大や航空大学へと進学、その後国家試験を突破するというコースです。どちらも結局は国家試験を突破する必要があり、過程となるステージに若干の差があるのみです。資格を取得するためには実際に飛行機を操縦するなどの実務訓練も必要となりますので、そう簡単に取得できるものではありません。学費の方も合計で1000万円を超すのが当たり前、場合によっては2000万円近く必要になることもありますので、費用面を考慮しても簡単ではないことが分かりますね。また、資格を取得したとしても始めは副操縦士として働く必要があり、何年も働いてようやく機長へと昇進することになります。

当サイトでは飛行機の操縦士になるために知っておきたいことについてまとめてみました。ぜひ参考にしてみてください。

Pocket