数々の難関、機長になるには?

機長になって飛行機を操縦できるようになるまでは、平均して15年程度の歳月が必要になると言われています。機長の前には副操縦士として実務経験を積む必要がありますし、更に副操縦士になるためには最低でも前記のような数々の難関をクリアしていかなければなりません。ここまでの流れを簡単に説明すると、高校を卒業して航空大学へと進学、国家試験を経てようやく副操縦士になれる、そして副操縦士になってから実務を積んでようやく機長へとキャリアアップしていくわけです。

しかし、難易度に伴った魅力があることも確かです。飛行機を操縦すること自体、普通の人には機会がありませんのでやりがいへとつながりますし、操縦士になれば相応の収入も期待できます。平成27年におけるパイロットの平均年収は1533万円と非常に高く、他の仕事ではここまでの高収入を得られない可能性が高いことを考慮すれば、収入面においても超エリートと言えますね。機長になる40代後半では収入の方も一層高くなり、1800万円前後の収入が見込めます。20代では1000万円にも満たない収入ですが、それでも733万円と、一般企業に勤めるよりは遥かに高額な収入であると言えます。

Pocket